上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お久しぶり。うん。本当に。


ネット料金払えてなかったらしくいきなり停止→払込書確認したんで支払い→支払い済ませたのでネット再開お願いします→もう解約手続きが進んでるので無理です→(゚д゚

ってな感じで今自宅にネット環境がありません故、大学のパソコンルームから接続していますですはい。


ところで電撃文庫から出版されてる、川原礫氏作の『ソード・アート・オンライン』というライトノベルがあります。
詳しく説明しても話の面白さなんかは伝わらないと思うので、概要だけ3行で。

ゲームする。
ログアウトできない。
ゲーム内で死ぬとリアルでも死ぬ。

こんな感じ?
補足説明を加えると、

ゲーム=オンラインゲーム
コントローラーじゃなくてナーヴギアと呼ばれるインターフェースでの完全ダイブ(フルダイブ)と呼ばれる体感システムによるゲームプレイ


ここまで聞いただけでオンラインゲームをやったことある人や、俺の知ってる範囲で言うとPS2なんかの『.hack//』シリーズをプレイしたことある人にしてみれば、夢のような世界だというのがわかるはず。
なんといったって、自分がゲームの中に入り込むことができるんだから!

そんでもってそのゲーム内設定も面白くてさ・・・話読んでるだけで胸熱になってきて・・・



ってことで『ソード・アート・オンライン』是非読んでみてくだしあ。











で、ここからが本題なわけだが・・・

さすがに話の中に出てくるナーヴギアを今作るっていうのは、無理があるんじゃないかって思うんだ。
まぁ実際この辺の科学技術が現在どこまで進んでるのか全くわからないから断言できるわけじゃないんだが・・・
まぁ無理なんじゃね?って思ってる。

そ・こ・で!


従来のような液晶とコントローラーを使って、ソードアートオンラインに近い世界観ゲーム設定のオンラインゲームを作れないかな?って思ったわけですはい。

ゲーム世界を体感できないってのは、話に憧れた身からすれば悔しいことこの上ないわけだが、たとえコントローラー操作だったとしても、ナーヴギアでのゲームに近づけることは可能なんじゃないかと思うんだ。


とりあえず俺が考えたことを以下に羅列するから、それ無理じゃね?とか、こここうした方がいんじゃね?ってのがあったら言って欲しい。

今俺にオンラインゲームを作る技術も知識もコネクションもないけど、想像を膨らませるだけでも楽しいと思うし

もしも

どこかのオンラインゲーム会社様が開発にしてくれるなんて話になったら嬉しい過ぎて暴れまわるレベルだしね!


ってことで俺のアイデア書きます。


(ソードアート・オンライン→以下SAOと表記)

SAOの世界でのソードスキルに関して。
話の中ではSAOの売りの一つが魔法系統のスキルを排除してソードスキルのみ、なおかつソードスキルは無限に近い数が設定されている ってのがあるが、魔法排除は良いとして、さすがにソードスキルを無限近く設定することも作ることも出来ないし、仮に出来たとしても現状のコントローラーじゃ扱い切れない。
でも、現行のオンラインゲームよりはスキル数を多くする。
それでもって専用のコントローラーを開発する。
これの具体的な俺の発想は、PS2のようなコントローラーの裏側、本体薬指や中指、小指がある側に、十字キーやスティックのようなものを取り付ける。
表は従来通り。ただし右側のボタン数は少し増やすのもありかも。
こうすることで、右表にボタンとスティック、左表に十字キーとスティック、裏側の左右に十字キーなりスティックなりと一つずつ取り付けることによって、キャラの移動、カメラ視点の切り替えの他にスティック系統が3個あまるわけだ。
裏に取り付けることによって、キャラ移動のために使うであろうスティックと同時に裏のスティックの操作が可能になる。このスティックの操作でスキルを発動させられるなら自由度は増すんじゃないかな?と。
右裏のスティックを視点切り替えに変更すれば、キャラを移動させつつ視点を変え、コマンドを入力しつつ攻撃する。という動作を全て同時に可能になるんじゃないかな?って思うんだわ。


他にも実用化するには、今のインターフェースが無理な部分があるだろうけど、それは今度追求することにする。
スポンサーサイト
2011.04.11 Mon l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。